全体を見て描く

全体を見て判断してください。全体を比較して描いてください。
これはリアル教室では、ほとんど初心者からある程度描ける人まで、常にアドバイスすることです。つまり、デッサンではそれほど重要で、しかもなかなか出来ないことです。

なぜ、全体を見ていかなければならないか?
それは、比較することが必要だからです。頭に対して、目、鼻、口の位置を測らなければ、顔が描けません。体に対して、頭の大きさを計らなければ、頭身が描けません。紙の大きさに対して、描くものの大きさを計らなければ、描くものの大きさやスケール感、余白を当てはめられません。という具合に、描く部分と周りの部分の関係を常に意識しながら、描いているものや描いていこうとしているものを、作者はコントロールしなければならないからです。

なぜ、全体を見ていくことが難しいのか?
誰しも、描いている部分に集中すると、それ以外は見えなくなる傾向があります。また自分が描きたいところは頑張りますが、それ以外は気が抜ける(よくある例として、影)ことも多いようです。「視野が狭い。」という例えがありますが、どうやら人間はもともと「視野が狭い。」のではないか?と思える事例もあります。自分の関心のある「部分」しか認識しない(出来ない)のではないか?ということです。目には広く映像が映っていても、気に留めている範囲は意外に狭く、後で質問されても覚えていない、ということがよく有りますから。これは基本的に、デッサン初心者でも、ベテランでも同じで、意識、認識に関する脳のメカニズムかも知れません。

では、どうすれば全体を意識できるようになるか?
常に目を配って、バランスを取りながら描くということを、頭に叩き込むことです。まず、自分が描いている「部分」と「全体」が常に関係していることを知り、「形」でも「明暗」でも「立体感」でも周りと見比べないと描けないことを知り、相対的に判断しながら描いていくように、常に心掛けることです。無意識だとしないので、意識的にすることになります。意識操作とも、訓練とも言えるかも知れません。
※無意識と意識の戦いは、美術史で何度も起こっていますが、私の立場としては、無意識的芸術も結局理性でまとめあげられていますし、デッサンは理性的操作法であるとし、意識的に行う方に軍配を上げています。

そのような訓練には、どのようなものがあるか?
1、単純に、自分の描いている場所を物理的に遠ざけること。
モチーフの横に、自分の描いているデッサンを並べて、比べてみる。鏡でデッサンを見てみる。デッサンをひっくり返して見る、など。

2、目が動いているかを、物理的に意識すること。私は良く、教えている人の目を見ているのですが、初心者になるほど目が動いていません。15秒ほど、じ~っと自分の描いているところだけ見て、ちらっと0.5秒モチーフを見るという感じで、物理的にも見る時間が短いことが判断出来ます。ちなみに、私が実演している時、目だけ見てもらったことがありますが、0.5秒に一回平均で目が動いていたそうです。なので、目を大切にしましょう。ではなく、まずはお試し下さい。