デッサンオンデマンド

デッサンオンデマンドとは

当方のコンセプトは、マンツーマンです。
それは、その人と向き合い、その人の個性を、真摯に考えていくことです。
当方は、アンケートや質問を、たくさんいたします。
それは、その人を理解し、傾向と対策を講じるためです。
そうして、その人だけのオリジナル・カリキュラムを作ります。
課題のデモンストレーション映像は、当方が丁寧に手作りしております。
添削サービスも、何度でも、対応して参ります。

当方の、特徴は「きめ細やかな対応」です。

受講者の声

対象は?
はじめてデッサンをする初心者の方
趣味で絵が描けるようになりたい方
試験にデッサンが必要な方
スキルアップ・就職・絵を職業にする事を目指す方
オリジナル作品を作りたい方
近くに画塾がない、通う時間が取れない方
専門学校や大学は高くて通えない方
絵についてお悩みを抱えている方
上級者で、本格的に技術を鍛えたい方

グラフィッカー志望Kさんの体験談

デッサン・オン・デマンド とは?

現場から正直に

美術というものは、目で、手で、心で作り出すものです。10年、絵画教室 百工房アートスペースを続け、マン・ツー・マン方式が最良の方法だと確信しました。そもそも絵を描くのは作者が主体、しかし作者のメンタリティーは実にデリケートです。ノウハウを人から人へ手渡しするにはこの方法しかありません。 熱血!デッサン塾というサイトは、現場から正直にリアルを伝えるという目的で発足しました。無料添削からか、全国から投稿が送られ、様々な背景を持つ人との出会いがありました。しかし、課題も見つかりました。上達のための丁寧なコミュニケーションを作っていくには、更なるシステムが必要でした。その思いがデッサン・オン・デマンドに繋がっています。

 

丁寧なコミュニケーション

上手くなるための鉄板があります。指導が刺さるタイミングです。タイミングが合う時に、受講者は飛躍します。そのタイミングを計るためには、丁寧なコミュニケーションを積み重ねていくしかありません。その人の個性、見方を尊重しながら、会話のキャッチボールをし、時に修正し、時に事実を正直に伝える。それが出来ないと、どれだけ一方的にノウハウを示しても、まったく身にならないのです。結果を自分で振り返って考えてもらうことも大切です。そのために、当方はSkype(無料通信アプリ)による、丁寧なコミュニケーションを取り入れました。

 

細やかな個別対応

統一課題や統一指導は行いません。エントリー時に詳しいアンケートにご協力頂いて、その人の目的と実力に合わせて講師が課題を厳選し、一人一人違うオリジナル・カリキュラムを組みます。 添削回数は無制限!任意で何度でも添削出来るようにしました。途中経過の添削も行います。 それぞれの上達やペースに合わせて練習を進めます。

 

デッサンから個性ある作品へ

様々な目標に合わて選択出来る様に、課題のバリエーションを増やし、堅苦しいデッサン課題を楽しく練習できるように、課題の内容に工夫を加えています。 そしてデッサンが、これからの作品へと繋がることは大切です。カリキュラム制作→作品作りのコツを身に着ける課題→作品を作る課題という流れで、デッサン上達だけに留まらす、皆様の作品の完成度が上がること、個性や深みが加わることを実感して頂けたら幸いです。

 

受講者の声

 

イラストレーター:Aさん
ずっと独学やってきたので基礎を身に着けたいと思い、受講しました。デッサンを学んでみたら思い込みで描いていた部分に大いに気づかされました。自分の苦手な分野を見つけることができ、更なる画力アップに努めています。選美眼も上がったので、昔描いた自分の絵が下手に見えて困ります(笑)

 

画家:Мさん
主に基礎デッサンとパース、構図を勉強しています。 デッサンは練習なのですが、描き進め方など作品作りと通じるものがあります。画力を上げて、ササッと描いても「らしい」というか、説得力のある絵が描けるようになりたいです。

 

漫画家:Tさん
特に人物デッサンに力を入れています。勉強を繰り返すことで、デフォルメした際にも違和感が出ず、躍動的な体を描く事ができます。 デッサンを学んでから、絵を描くスピードが上がってきたように思います。

 


生徒作品添削作例これからも、理想的な美術通信講座を目指して、真摯に努力して参ります。

ご一読有難うございました。