鉛筆が使いこなせない。
最初の段階ですが、そこで躓く人が、思いの外いらっしゃいます。
鉛筆は小学生以来使ったことが無い、という方も多いのかも知れません。

デッサンオンデマンドでは、デッサンに鉛筆を使います。
そして、最初は、鉛筆を削っていただきます。
デッサンには、鉛筆を寝せて使う塗り方があります。だから、鉛筆の削り方も、芯も木も長く削る独特の削り方になります。

そして、線を引いたり、塗ったりする、鉛筆に慣れる練習を行います。鉛筆を使って、デッサンを描いて行くためには、最初は、鉛筆を使うことに慣れなければならない、というわけです。これは、マストです。

鉛筆とお友達になる方法

しかし、人によっては、上手く削れなかったり、線を引くことになかなか慣れなかったします。人それぞれの、素材に対する感覚、運動能力は違いますので、この段階が辛く思う方もいらっしゃると思います。まずは、鉛筆とお友達になる方法を考えてみましょう。

〇筆箱には、鉛筆しか入れない
〇一日一回、触ったり、撫でたりしましょう。
〇可愛い鉛筆ホルダーを付けるのも、良い手です。

〇小さい紙から始めましょう。落書きから始めましょう。
〇少しずつ大きな紙に、丸を描いたり、線を描いたりしましょう。
〇それから、運筆練習の課題を「一つづつ」取り入れていきましょう。

少しづつ慣れ、少しづつ取り入れる、それが合理的です。
なまった体に鞭打って、いきなり42.195キロを目指すのは、どう考えても合理的ではありません。スポーツだと、大体の人は自然にそう思われると思うのですが、絵に関しては、いきなりでも出来そうだと思う方が、どうも多いように感じます。どうぞ、取り入れてみて下さい。

鉛筆は、素晴らしい道具であり素材

さて、鉛筆という素材は、素晴らしいものです。
これほど、安価で、世の中にいきわたっている道具は、なかなかありません。
そして、昔からデッサンで使われている道具です。
そして多くの画家が、鉛筆で素晴らしい作品を作ってきました。
レオナルド・ダビンチも、無限の世界を描き出してきましたが、実は当時、鉛筆はまだありませんでした。ダビンチが鉛筆を手に入れたら、とても使いやすくて狂喜したかも知れません。

〇線の濃淡、強弱を出すのが容易です。
〇重ねて描くことも出来ます。
〇塗るのも簡単です。
〇そして、タッチや塗り方で、様々な素材感を出すことが出来ます。(※注目)

なんで鉛筆に慣れるなんて、めんどくさいことをしないといけないの?
便利な、ペンタブレットで、液晶画面があるのに、今時、どうして鉛筆にこだわる必要があるの?

鉛筆が使いこなせないでリタイヤする方の、気持ちを想像してみると、このように思っていらっしゃるのでは?お答えします。

鉛筆を使いこなすのは、絵を描くためにはマストです。道具だからです。それぞれ職人さんが、道具を使いこなして仕事をしています。植木屋さんだったらハサミ、カーレーサーだったら車、ケーキ屋さんだったらゴムベラ、Eスポーツだったらゲームコントローラーという具合です。加えて、鉛筆が使いこなすに足る、十分に魅力的な道具であることは、力説したいと思います。

次に、ペンタブレットで、液晶画面上に絵を描くという、テクノロジーの登場ですが、やはりこれも(優れた)道具です。絵具とか、紙、鉛筆などの、一切の素材は、ソフトウェアがそれを肩代わりします。そして、いくらでも重ねて描けるし、いくらでも消して直せる。便利だから、素晴らしいという人もいます。現代のテクノロジーだから、素晴らしいという人もいます。

しかし、絵を改良するために、何処をどれだけ直すと良いか判断する目や、自分の思うとおりに指が動いてくれることなどは、ソフトウェアがそれを肩代わりしてくれるわけではありません。
繰り返します。いくら、ソフトウェアがが技術的に優れていても、目や指、考え方は、ご本人の領分です。慣れたり、客観視したりして、ブラッシュアップする能力を、自分の目と手を鍛えて、身に付けていかなければならないのです。

また、最近の動向として、単にソフトウェアが使えるだけでなく、素材感にこだわり、タッチにこだわっていく、一段階こなれた表現方法が、デジタルの世界でも求められてきているように思います。これは、これまでソフトウェアが肩代わりしてくれていた技術が、一般化し普通になったということです。絵具をそのまま筆で塗って、きれいなベタ塗が出来たからといって「すごい」と褒めてくれる人はいないように、ソフトが行き渡れば同じことが出来る人がたくさん生まれて、珍しくなくなったわけです。

素材感やタッチが、デジタルの世界でも求められているということですが、これはアナログでもデジタルでも変わらない、作者の感覚、感性だと思います。これからは、より一層、アーティスティックなものが、作者に求められていくということになります。素材感を鍛えていくのは、色々な素材に触れることが大事です。それも手で触れること、触角を鍛えるということが肝心です。戻りますが、絵を描いて行きたいなら、特にデジタルで絵を描いて行きたいなら、鉛筆ほど勉強になる素材は無いのでは?

ここで止めてしまうのは、とてももったいないことです。気を取り直して、頑張っていただきたいものです。

まとめ

鉛筆も、ソフトウェアも、素材であり道具である。
技術は、道具を使いこなすこと。
技術は、自分の手や目を鍛えて、身に付けていくもの。
素材感は、素材に触れることで、身に付くもの。