デッサン初心者の方は、自分を出したがらない

「奥様方、今度のデッサン会、出てみませんか?」
「いや~先生、まだまだ下手ですから、上手くなってから出ます。」
「あの~、上手くなるには出た方がいいですよ。練習する良い機会ですよ。」
ぎゃははは!(奥様たち、すっかり違う話をして盛り上げっている。)
「奥様、聞いてますか?お~い!」リアル教室で、よくある一コマです。

「上手くならないと描かないVS描かないと上手くならない」、これは初心者の方の抱えるジレンマです。どうしてそうなるか?というと、初心者の方は(当然のように)上手く描けないからです。しかし、人間だから(当然のように)自尊心があります。だから、(当然のように)自分の描いたものを人に見せるのが恥ずかしいのです。

上手くなるにはどうするか?というと、まず(指導する側が主に)改善点を見つけなければならない。そして、改善方法を示し、本人が納得しなければならない。しかし改善点は、上手く行かないポイント、つまり下手なところなのです。そのポイントを曝してくれればいいのですが、皆さん大概、回避行動を取ることが多いのです。すばり、問題の先送りです。

上手く行っているところを、褒めて伸ばしました。でも問題が解決されたわけでは無いので、指摘します。「こうこう、こういう訳で、ここは直して行きましょう。」「なるほど、そうですね。(そんな事は、わかってらい!前に聞いたわ。)」と、身に染みない。皆さんこうやって、ぶつかるのを先送りしていきます。同じ事を繰り返して、終いにはご本人が嫌になってしまうのですが、リアルと対面してくれよ!と詰め寄るのは、余り良いことにはなりませんでしたね。

「上手くならないと描かないVS描かないと上手くならない」、これは「生活改善したくないけれど痩せたいVS生活改善しないと痩せない」という、ダイエットと同じような強烈な深層心理に基づいたジレンマです。簡単に上手く行く方法があれば良いのに!と思うのも同じです。新しい方法が出れば、一斉に飛び付き、上手く行かないで、また次!の繰り返し。妻のダイエット半生の戦いもすさまじい!涙がちょちょ切れる思いがします。ダイエットが簡単に出来ると同様、簡単に上手く描けるようになる方法、本当に有るもんすかねえ?

人間、誰しもプライドがありますし、傷つきたくはありません。飛び込み競技選手を目指すのに、飛び込むのがこわい!という心理も、とても良く分かります。しかし「こわいなら、止めときますか?」ということにしかなりません。自分を出さないということは、「勝てる勝負しかしない。」ということです。10年の経過観察では、そういう人は結局負けもしませんでしたが、勝ちもしませんでした。

上手く描けないのは、仕方が無いことなのです。上手い人でも、新しいことをすると(当然のように)上手く行かなくて苦労しています。今は単なる通過地点、今の自分は成長過程、と思うしかありません。描けなくとも、かっこ悪くない!のです。いつか来た道、と振り返れる時が必ず来ます。