この文章をお読みになっている皆さんは、デッサンにご興味のある方だと思います。
デッサン力は、お金で買って手に入れることが出来るものとは、少し質が異なります。デッサン力は、皆さんご自身の力を、育て高める質のものです。ゲームの世界のように、人に上げたり貰ったりすることも出来ません。

描けないものが描けるようになってきたら、デッサン力が付いてきたということになります。出来ないことを出来るようにするために、出来ないことを練習します。まずは、出来ないことが分かってくる段階があります。そして、出来ないことは、直ぐに出来るようにはならないことが多いです。

絵は、視覚的なものです。
人は、人の顔を判別することが出来ますので、案外鋭い見方をします。上手くなるということは、見る人にとって、とりあえず悪いところが見つからないレベルです。これは、結構高いレベルです。上手いレベルを求める方は多いと思いますが、それには時間を要することは、やってみなければ分からないことだと思います。

分かってくると、出来ないことは辛い、時間が掛かるのは辛い、そういう心理的ハードルが生まれてきます。続けるためには、この心理的ハードルを乗り越える必要があります。この最初のハードルは、思っているより大きい、それが教え続けてきた実感です。

デッサン初心者ある!ある!の最後に、どうすれば続けることが出来るか?そのポイントをまとめたいと思います。

長い目で見ましょう

タスクの成功のために、時間の猶予をたっぷり用意して下さい。
まだ未知の領域ですので、自分がどのように反応するかも未知数です。
自分を追い込むような時間制限を設け、プレッシャーを増大させることはお勧めできません。

冷静に

感情的にならないことが大切です。
最初の内は、出来なくても当たり前です。
プロでも、出来ないと思うことは、たくさんあるはずです。
失敗した、プライドに触る、恥に思うなどの、感情に振り回され過ぎないようにしましょう。

やる前から思い込み過ぎない

やってみると、思っていたのとは全く違うことは、たくさんあります。
初心者の人は、経験していないことばかり、経験する前の思いと、経験した後のギャップが、一番たくさんあります。やってみなければ分からないのに、やる前から色々期待してしまう、そして、上手く行かなければ落ち込む。それも自然な心理だと思いますが、余計に疲れる原因でもあります。

またマニュアル本を多く読んで、知識をたくさん持っている人もいます。
その知識が役に立つ場合もありますが、反って素直な受け止めが出来なくて、学習が遅れる場合も多くあります。それは、実際に手を使って描いてみることが、初めてであるケースが多いからです。目の前のモチーフ、描いている自分に、集中して向き合うこと、その時その時の、自分のリアルを意識することが大切です。

新しいものは、知らない世界

新しいものに触れる時は、はらはらドキドキします。
はらはらドキドキするのは、知らない世界だからです。
だから、期待を裏切ることも良くあります。良い意味で期待を裏切る場合もあれば、もちろん悪い意味で期待を裏切る場合もあります。上手く行くようになるのは経験した後。失敗も無くなりますが、はらはらドキドキもなります。そのようなものだと思って、はらはらドキドキをお楽しみください。

完璧主義は止めよう

「はず」とか「べき」という思いも、余計なプレッシャーとなって続けるハードルを高くしますので、お勧めできません。上手く描けるはずだ、これは自分に期待し、盛り上げることでもあります。しかし、上手く行かなければ、自分に負荷を掛けることになります。
例えば、減算方式。
始めから上手く行くことを前提にする減算方式では、直しが多いほど、自分には才能が無いと思い、落ち込んでいくことになります。経験者がビッグプロジェクトに挑むならまだしも、初心者が練習にその考えを持ち込むのは、現実的だとは思いません。

それよりも加算方式で、可能性を広げていきましょう。
練習していけば、必ず(いつかは)上手くと、柔軟に考えることをお勧めします。上手く行くまで、気楽に、気長に続ける。一つづつ、今出来ることを積み重ねていく。欲張って、一遍に進もうとしない。加算方式で、小さな可能性を積み上げていくことは、実はとても力強いことだと思います。

練習にも「好き」を見出そう

描くことが、好きであるという感情は、続けるために一番力強い応援団になってくれます。例えば、人は食べることが、好きです。食べることがめんどくさいとかは、あまり無いと思います。
描くのが好きであるなら、今ここで練習していることに、意味を見い出せるでしょう。例え、面白くない地味な練習であっても、自分の成長を、変化として感じることが出来るなら、描くことがもっと好きになっていくと思います。

自分の変化を楽しみに

新しいものを取り入れると、それが自分の体に沁みて、少しずつ感覚や考え方が変わっていきます。それは時間が掛かる場合もありますが、実感できると思います。変化していく自分を楽しみに、練習して行っても良いのではないでしょうか?
良い部分が伸びることを期待することはもちろん、出来ない部分や良くない部分を「伸びしろ」と考えることも有効です。実際、良い部分が伸びるスピードより、出来ない部分が改善する方が成長スピードとしては大きいものです。どうぞ、ご自身の出来ない部分も含めて、丁寧に向き合ってあげて下さい。

インプットすることに専念しよう

良い絵を描いて、人に認められたい!
自意識や承認欲求が原動力になり、それが野心や目的になることは、自然な感情です。
特に絵の世界は、単純に比較対象が出来ない、自分に閉ざされた世界であり、そのような思いを強く持ちがちだと思います。更に、絵というものには、自分の内面、自意識が、自然に投影されます。
ただ、それらは自分から外へ表わす、アウトプットです。

アウトプットは、インプットが無いと、良いものにはなりません。
インプットしないと、上手くもならないし、人を魅了する世界観も表現出来ません。インプットとアウトプットを整理することをお勧めします。習うことと、表現することは、本質的に違うことが分かれば、こんなはずじゃないとか、自分には向いていないとか、思うことが少なくなります。デッサンはインプットだと考えて、最初の内は、それを吸収することに専念するしましょう。

承認欲求は、長い目で

この頃、承認欲求を強く持っていると感じる人が、多くなってきた印象を持っています。
そのような方は、出来ていないところを指摘すると、過剰に反応し、コミュニケーションに神経を使います。しかし、本当に承認欲求を満たせるのは、自分の納得いく作品が出来て、人に評価して貰えた時ではないのでしょうか?出来ていないところを避けていて、良いのですか?
繰り返しになりますが、インプットのためにデッサンしていることを、予めご理解ください。技術の習得と、承認欲求を満たすことは、本質的に違います。

承認欲求というものは、実に厄介なものです。自己中心的に、内へ内へと、そのエネルギーは向かいます。しかし基本、世の中は、自分の思うようにもなりませんし、なるようにしかなりません。
広げてくれるのは、やはり人との出会いです。私事ですが、訃報を耳にして改めて、その人の実力を認識する体験がありました。見事な生き方をしている実力者との出会いは、憧れと同時に、自分の至らなさも感じさせます。その人が亡くなったことも、自分の至らなさも、共に残念な事実ですが、その人から貰ったものを大切にしていきたいと思いました。何時かは叶えてみたい承認は、遠い目標になりますが、簡単に認められる承認欲求より幸せだと、私は思っています。

 

では、皆様がデッサンの練習を続けられて、デッサン力を付け、ご自身の作品にそれが生かせ、ひいてはクオリティ・オブ・ライフ(Quality of life)に少しでも貢献出来ますことを、心からお祈りしております。