ちょっとお聞きします。

家で絵を描いている時、傍らにスマホを置いていないでしょうか?時々、ラインとか、フォローしている人の記事が飛び込んで来て、その度に視点を移して、スマホを見入ったりしていないでしょうか?絵を描いている時に、ながらスマホはお勧めできません。どうするかは、皆さんの自由意志ですが、それで上手くならなくても仕方が無いと思います。

理由を説明しましょう。
絵は、見ることが前提になります。
見たものを、脳にインプットして描きます。
見て感じたことが、手に伝わる。そして、描ける。
見ても感じられなければ、描けない。

絵を描くために、モチーフを見ていたとします。ここがもっと明るいな~とか、ここがもっと短いな~とか思っていたところに、スマホの方を見たら、感じたこと、考えていたことは、もうわからなくなります。集中できるかどうか、これは絵の上達にとって、とても大きな影響があります。集中できない、つまり思考の分断は、とてもまずい状態です。ベテランの人だと、絵をなめるな!というレベルですが、初心者の人、特に通信制で誰からも見られていない状態では、なかなか分からないことかもしれない、現代特有の問題かも知れませんね。

集中して、じっくり見ていかなければ、見えてこないものがあります。デッサンでは、観察という言葉がよく使われますが、さらっと見ただけでは分からないこと、それが絵を描くうえで必要な「見ることの深堀」です。形はどうか?光はどうか?質はどうか?空間はどうか?イメージはどうか?このように多くのことを考え、手に伝えていく。伝わった情報量が多いだけ、上手く絵が描けるようになるわけです。上手くなるということは、情報をどれだけ受け取れるかという、見るときの集中力に掛かっているのです。 ながらスマホ、止めた方が良さそうですね?

我々は、参考作例のデモンストレーション映像も提供していますが、やはりご自分が描いている最中に、それを見ることはお勧めできません。絵を描く前の予習か、描き上げた後の復習のために、お役立てください。