当たり前の話ですが、最初から上手くいく人はいません。
どんな技術でも、それなりの時間と経験を積み上げていかなければ、習得できません。
それでもなお、失敗と思って、行動することを恐れ、人目を気にする人が、必ずいらっしゃいます。
このような方は、やはり積み上げていくのが遅くなる、或いは登れないということになってしまいます。ずばり言いますが、失敗ばかり気にする人は、上手くなりません。ここで言いたいことは、そういう恐れを取り去っていただくための、考え方を知ってほしいということです。

まず、何もって失敗と言うのかという、見方の問題があります。
自分が思っていたのとは違うからダメ、というのであれば、他人から言われた言葉は批判になります。
直せばいいや!というのであれば、他人から言われた言葉は、アドバイスになります。
自分がどう捉えるかで、全く違う方向になります。

例えば、アタリという描き方があります。
薄く、ささっと、顔や体の大まかな形を捉えるものです。上手い人だと、それだけでも動きや感情を表現できる。だから、アタリはいい加減に描いてもいいのだ、ということにはなりませんが、この描き方は、軽く、ファジーであり、それを直して本番の線を引くための、予備段階として重要です。つまりアタリは、直すために引く線、軽く失敗するための線と、言い換えることも出来るだろうと思います。

例えば、実験というものがあります。
いきなり理系の話ですが、おそらく一つ一つの実験で、絶対成功するとか、失敗したら終わりだとか、考える研究者はいないでしょう。淡々と、粛々と実験を繰り返し、失敗したらやり方を変えて次の方向を探り、成功してもより良いものにするために、更に探る。
デッサンに関しても、一つ一つ試して、失敗したら方法を探り、自分で思いつかなかったら人に聞き、成功したら次に行く、それだけのことです。芸術文化にはエモーショナルなところが必要ですから、混同してしまいがちですが、表現とは自分の「魂」を込めることだから、心身を削る闘いを常にするのだと思っていると、絶対に続きません。割り切ったり、淡々と、粛々と行う姿勢を持つことは必要だと思います。

良いものを目指したい。皆そうだと思います。
でも、良いものは最初から出来ません。
良いものを作ろうとすると、直して行かなければなりません。
直すためには、良いところ悪いところを判断していかなければなりません。
判断していくためには、見方考え方を知らなければなりません。
見方考え方を知るためには、繰り返し描いて、良い描き方や悪い描き方を自分で経験していくしかありません。一々失敗といっているのが、ばかばかしくなるぐらい、当たり前に繰り返されるものなので、ベテランになると自然に気にしなくなります。だから、失敗という言葉は間違っているわけではないのですが、成功のためのプロセスと言った方が適当かも知れません。反対に、失敗を恐れるのが初心者ということになります。

例えば、波のようなものだと言えば、もっと自然に感じられるでしょうか。
良い時も悪い時もある、小さい波もあれば大きな波もある。調子の良い時は高位安定、調子の悪い時は低位安定。長い目に見れば、そうなっているはずです。そんな風に俯瞰できれば、気持ちにゆとりが生まれませんか?
失敗と思って、行動することを恐れる人は、変わらない、変えたくないという理由をお持ちでしょう。それでも、自分を含めて、全ては波のように変化していきます。変わらない、変えたくないと思っている理由は、その人の心の問題です。自分のことを自分だけで考えていると、ぐるぐると同じところを回り、どんどん自分が重たくなります。それは、なかなか苦しいことですが、意識を外に向けるにはそれなりのエネルギーが要ります。それには自分について徹底的に考えるか、思い切って外に出て、風を感じるか、のどちらかだと思います。

絵でもデッサンでも、他のものでもいいかもしれません、自己投影できる手段を持つことは、自分を外から見るためには好い方法です。我々は熱血!デッサン塾という無料デッサン添削のサイトを持っていますが、ここでは様々な初心者の方の、成功のためのプロセスに触れることが出来ます。こういうサイトを見るのもお勧めです。投稿する方々は、匿名ペンネームばかりで、正直みんな失敗を指摘されるのが恥ずかしいと思っているのかな?それでも、自分以外の人の経験は参考になるはずです。自分だけじゃないのだ!これが普通なのだと勇気づけられるのではないでしょうか?

最後は、プライドというものが壁になるでしょう。失敗を許さない、認めないというのはプライドが作用しています。デッサンオンデマンドやリアル絵画教室で、受講者の方とみっちりお付き合いしていると、そういうことが段々と分かってきました。自意識というものは裏腹なところがありますので、悔しいから次に向けて頑張ろう!と前向きに作用すればいいのですが、それを避けるために後ろに下がり続けるという、回避行動になることも多々あります。人を認めず、自分だけを認めたい方向へ行くと、結局人のせいにして自分だけでぐるぐる回ることになります。

私は客観視、つまり等身大の自分を知るためには、自分以外の人との、比較や競争は必要なところがあると思っています。負けるかもしれませんし、弱い自分に気付くかもしれないのですが、そこでは自分に出来ることやスタンスを確認できる。それが出来たら、もう負けてもいないし、弱くもないのではないかと思います。初心者なんだから、失敗するのは当たり前!全く恥ずかしくないと思ってください。そのように自分をさらけ出せる人は、たくさんの経験を受け入れる器の大きさを感じさせます。きっと上達することでしょう。