デッサン初心者の方は、よく消す

デッサン初心者の方が、強い線でいきなり描いて、直ぐ消しゴムでごしごし、また描いてごしごし、そんな感じでなかなか描き進まない姿を見かけます。割とよく見かけます。

次の段階は、描いてごしごしのサイクルがだんだん短くなっていきます。「あ~っ、もう描けない!」と感情を爆発させる寸前です。教える側は、ここまで放置してはいけません。消しゴムの音に注意して、すかさずフォローを入れること。お帰りになった後、机の上のたくさん消しゴムのカスを掃除しながら、反省しましょう。って、このレポートは講師マニュアルではありませんね。

我々が普段から良く書いているものは、なんでしょうか?それは文字です。幼いころの読み書きから、ずーっと慣れ親しんだ文字の書き方は、強く書く、いきなり書く、間違えたらすかさず消す、という書き方です。初心者の方は、そういう描き方の名残があると、かなりの可能性で推測されます。

それに対して、デッサンでは、描き方に強弱がある、いきなりは描かない、描き重ねる、間違えても消さない、という特徴があります。描き方に強弱がある、いきなりは描かない、描き重ねる、という描き方を身に着けていくには、運筆練習が効果的です。長年慣れた文字の書き方は身に沁みついていますので、まさに「習うよりは慣れろ」式に、繰り返して練習することをお勧めします。

間違えても消さない、ここにはデッサンの目的が隠れています。「比べる」という目的です。形を正確に描くには、先に描いた線が、目標とどれだけずれているか判断して、次の線を描いていくことになります。間違えた!と思ってそこで消してしまったら、「比較対象」まで消してしまうことになるのです。特に、明暗まで付けている場合は、消した部分だけが真っ白になってしまって、線だけでなく周りと同じ暗さになるまで消した部分だけ塗りなおしをしなければならない、3度手間ぐらいめんどくさいことになります。ちなみに、石膏デッサンで目からビームが出ている!は、こうして出来上がります。

間違えたら、焦ったり、失望したりというマイナス感情が出てくるのは自然です。デッサンを繰り返しているうちに、直すことは当たり前になり感情は動かなくなりますが、デッサン初心者の方にいきなり慣れろ!というのも難しいかと思います。とにかく、間違えた!と思ったら、ひと呼吸おいて見比べる、ということにして下さい。そのことに慣れるまでは、とにかくゆっくりじっくり描くことをお勧めします。