いわゆるデッサンは、モチーフを置いてそれを描く訓練ですが、
●構図をどうするか?
●どのように形を捉えるか?
●立体感や面を捉えるか?
●光や色をどう明暗に置き換えるか?
●質感をどう表すか?
●それらをタッチでどう表現するか?
という様々な命題があります。

デッサンでは、これら命題を、どういう順番で、どのように組み立てていくかを考えていく訳です。ですからデッサンには、理性で組み立てる、知的パズルのようなところがあります。様々な命題は、脳内で断片のように散らばっている、例えるならばジグゾーパズルのピースのようなものです。ですからデッサンにとって、考えることがどれだけ大切かはお分かりいただると思います。

いわゆるマニュアルというものを、否定的に捉えているわけではありません。知識やノウハウは、人から人へ伝達できる、公益性を持ちます。何もかも初めてという人は、導入として、マニュアルが必要だと思います。人が得た経験を、まるっと簡単に吸収できるかチャンスと思う方が多いでしょう。しかしそれらは、自分がやってみることで結び付けられ、組み立てられていくものです。ジグゾーパズルは、一遍に組み立てることは出来ません。一つ一つ合わせていくしかありません。

恐らく、何も経験を持たない人にとっては、マニュアルで知識をたくさん得たとしても、何がどう関連しているか分からず、脳内でバラバラに散らばっているはずです。経験によって結び付けられない限り、知識は、体系を持たない羅列になってしまうという落とし穴があります。そして放っておくと、ピースは少しづつ失われます。

我々は、マニュアルや知識が際限なく広がっているネット社会に生きています。どうしても情報過多になってしまう、経験を後回しにしてしまう、それはコスパという言葉にも表れています。マニュアルで得た知識がコスパを上げることになればいいのですが、絵を描く主人でいることが出来なくなってしまうと、本末転倒です。

他にも、
●マニュアルのために忙しく、じっくり見つめたり感じたりする時間が無くなった
●マニュアルが手放せなくなった
●想像したり想像したことを思い切って描くことが無くなった
●失敗を極端に恐れるようになった
●絵に対する感動が無くなった
このような経験をお持ちではありませんか?

絵画では、自らの行動や経験を、指針にするべきだと思います。マニュアルは、復習するときに役立てるぐらいの方が良いのではないでしょうか。一人思い、見つめ、描くことが、絵を描くことにとっては、大切な意味を持ちます。観察という言葉は、良くお聞きになるでしょう。私は、観想という言葉も大切だと思っています。