デッサン初心者の方は、デッサンは受験のためだと思っている

「受験みたいなことをしたくない!」と言う、趣味で絵を描く人に大勢出会いました。自分の作品を作ることも無く、美大に進むためにデッサンを始める受験生にもたくさん出会いました。熱血!デッサン塾では、受験直前に駆け込み投稿する人が相次ぎました。センター試験対策ばかりしていて、試験終わったので、さあデッサン対策だ、これからデッサン始めるぞ、でも時間ないぞ、どうしたらいい?という具合です。中には、明日試験だから何かお願い!というケースも。これには困りました。混乱すると逆効果だからコメント出来ない!と返すしかありませんでした。

これは世間一般の、デッサンに対する理解不足から生まれています。指導する側の、説明責任もあります。しかし、本人がやり始めて目の据わって来た時に、違う!と言われても、逆切れ必死です。特に、受験生は、試験に出なければしたくない、出来る事ならやりたくないと思いながら、理解不足でも、短期間でも、何とかするしかない。将来が掛かっていますから、感情の板ばさみになりながら、追い込まれていきます。説明をするなら、早く、本当のことを伝えるべきです。でも、本人が実際描いてみないと分からないというのもありますので、実際難しいところはあります。

これからの方のために、せめてお伝えします。デッサンは、受験のために生まれたのではありません。絵を良くしていくために、デッサンはあります。短期間で、デッサンが上達することはありません。これだけで結構ですから、踏まえて下さい。

どうして美術大学入試で、デッサンが要るということになっているのでしょうか?絵画造形分野で、実践が必要だからです。絵画造形分野は、知識だけではなく、もの作りですから。実践には、時間が掛かります。大学に入る前に、少しは美術の基礎を固めてよ、美術を仕事にしていく素養や適性を確かめてよ、ということでしょう。絵描きになるのではない、先生を目指すのだとおっしゃる人へ、自分が経験したことじゃないと、生徒に教えられないでしょう?

しかし、受験にデッサンが要るということより、美術にデッサンが要るということの方がはるかに大きいのです。美術大学が出来る前、工房制で絵を描いていた時代、弟子が下書き=デッサンをしていたわけです。マチスは、ひとつの絵を描くために、デッサンを何枚も繰り返しました。デッサンが職人作業の一行程だったという点、プロが感性を支える理性として、デッサンを大切したという点、このようなデッサンが必要だという証明は、美術史を掘ればいくらでも転がっています。(詳細は別の機会に)。

絵の歴史は、更に古いですね。「人間は、なぜ絵を描くのか?」その大きな問いの前には、デッサンの意味さえ小さくなります。受験は、その大きな意味の中の、ちょっとです。大きな森の中の、一本です。