「受験生みたいなことをしたくない!」と言う、絵を描く人に大勢出会いました。自分の作品を作ることも無く、デッサンを始める受験生にもたくさん出会いました。熱血!デッサン塾では、受験直前に駆け込み投稿する人が、相次ぎました。センター試験対策ばかりしていて、さあこれからデッサン始めるぞ、でも時間ないぞ?という具合です。中には、明日試験だから何かお願い!というケースも。混乱すると逆効果だから、コメント出来ない!とお返しするしかありませんでした。デッサンに対して、世間一般の方々がいかに誤解しているかということが、お分かりになるかと思います。専門とする側の、説明不足も否めないと思います。

受験生は、試験に受かるためにデッサンをする、これは否定できません。しかし試験に出なければしたくない、短期間で何とかすると思っているのが正直なところではないでしょうか?将来が掛かっています。でも、上手くいかない。焦って感情的になりながらも、自分を追い込みます。しかしそんな時に、「本当のデッサンは、、、」と伝えても、余計に追い込まれていきます。これは絵を勉強するモチベーションとしては苦しい、本来あるべき姿では無い。ですから、説明をするならなるべく早く、受験を始める前に伝えるべきです。しかし最近は、始めて描いた絵が受験用のデッサンということも多いので、タイミングを計るのは難しいところがあります。

デッサンは、受験のために生まれたのではありません。絵のために、デッサンはあります。短期間で、デッサンが上達することはありません。それは技術以上に、感覚を鍛えることが必要だからです。感覚は、実際手を動かさないと身に付きません。

どうして美術大学入試で、デッサンが要るということになっているのでしょうか?絵画造形分野は、知識だけではなく「もの作り」ですから、実際に自分で描いたり作ったりします。自分で描いたり作ったりして、作品が高まっていくにはとても時間が掛かります。大学に入る前に、少しは描けるようになって!そうじゃないと時間が全然足らないよ?という本音は有るかと思います。それを仕事にしていくなら素養や適性を確かめて!覚悟もね!、これは大学ではなく親やご本人の問題かもしれません。絵描きになるのではない、先生を目指す人もいらっしゃいます。大学教育課程のデッサン入試は、一般美大より、課題が軽めになっています。立場が違うようでも、自分が実際に自分で描いたり作ったりした経験が、そのまま教える内容になるのですから、求められるレベルは同じだと思うのですが。

受験にデッサンが要るということより、美術にデッサンが要るということの意味が、はるかに大きいのです。大昔ですが、工房制で絵を描いていた時代、弟子が下書き=デッサンをしていたわけです。デッサンは職能でした。マチスは、ひとつの絵を描くために、デッサンを何十枚も繰り返しました。デッサンは改良の技でした。デッサンは、感覚や技を鍛える基礎として、クラフトマンシップや感性を支える理性として、ビジュアルに関わる多くの職業の下支えをしてきた訳です。これはほんの一例ですが、美術史を紐解けば多くの事例が簡単に見つかると思います。絵の歴史は、更に古い。人間は、なぜ絵を描くのか?その大きな意味の前には、デッサンの意味さえ小さい。受験は、その大きな意味の中の、一部分です。大きな森の中の、一本のような。