デッサンをすれば何とかなると思い、習いに来られた方はかなりいらっしゃいます。それも、それなりの経験を持った方が多かったように思います。しかしながら、デッサンは万能ではありません。デッサンだけでは、何ともならないものがあります。それはアイデアです。

技術を身に着けることでなんとかしたい、という思いを持っていらっしゃる方が多い中で、突き放したような言い方になってしまいますが、ここでの議論はデッサンそのものを否定するのではありません。なおかつ、どちらかを否定するものでなく、どちらも不可欠であり、どちらもバランスを取らなければならない、というものです。しかし現状は、アイデア重視というより、デッサン重視に偏っていることも論じていきたいと思います。

芸術至上主義という言葉はありますが、デッサン至上主義という言葉はありません。(マニュアル至上主義はあるかも知れません。)素描芸術という分野も生まれて、デッサンも売り買いの対象になっていますが、デッサンと作品を並べて見ると、デッサンは作品の構想、作品の下書きという位置付けが出来てしまいます。ということは、デッサンだけでは独立しない、デッサン+αが有るということになります。+αの部分とは何か?それはアイデア、発想力とか想像力などの、作品の素になるものです。その作品の素を、盛り上げたり、支えたりするものとして、デッサンは大いに役に立ちます。アイデア、発想力とか想像力をソフト、デッサンをハードとして、ソフトとハードという例えも出来ると思います。

器と中身という言い方をするなら、いくら「どんぶり」が格好良くても、それでラーメンを食べる人はいないわけで、作品にとってもアイデアがどれだけ重要であるかは、お分かりになると思います。他方、馬子にも衣装という、逆の例えもあります。外面さえよければ中身も誤魔化せるという例えです。学生時代、建築関係の知り合いも増え、当時の「箱もの」行政、スクラップ&ビルドをリアルに経験しました。側だけ立派な建築物がどんどん建ち、まだまだ新しいのにどんどん潰してまた建てる!当時はバブル経済の最盛期だったのです。もったいないお金の使い方!と思う人も当時は多かったと思いますが、流れが変わるのはバブルが弾けてからでした。バブル時代以外でも、我々は果たしてアイデア、ソフトを大切にしてきたのだろうか?という疑問は残り続けています。今でも、アイデアの価値がそれほど認知されていません。アイデア提供者の権利は認められていませんし、面白いアイデアでも無難なものにになってしまうことも多いようです。アイデアを生かす場面が無い、あったとしても「労多くして実少なし。」では、アイデアを生かして頑張って行こうと思う人がだんだん減ってしまうのも仕方が無いことです。ハードは分かりやすく、形になったものは説得力があります。しかし背景にある、アイデアやソフトを引き出すのも成長させるのも、簡単なことではありません。まずは、そのような現場の苦労を知っていただくこと、アイデアというものを尊重する環境が出来ていくことが、必要なのだと思います。

どれだけ技術があっても、いい作品が出来るとは限らない、これは事実です。どう転んでも、技術だけでは敵わない作品というものが、美術館にも画集にも存在します。またアイデア、ソフトを大切にしている人は主体的で、続けていくモティベーションが強い。アイデア、ソフトは、描く喜びに直結します。作品を作っていく原動力になってくれます。デッサンを描く時も作品を想定し、アイデアを練り創意工夫する、そうしているうちにこれらのことがリアルに感じられてくるはずです。