熱血!デッサン塾での経験です。かなりの頻度で、デッサン初心者の方は画用紙にデッサンを描いてきます。教えてもらっていないのか、画用紙という名前で一般的だからか、投稿者それぞれの背景は詳しくはわかりません。画用紙は、デッサンには不向きです。これは覚えておく必要があります。

なぜ、画用紙はデッサンに不向きかというと、表面が凸凹しているからです。画用紙は、クレヨンが乗りやすい、水彩絵の具厚塗りが乗りやすいなどの理由で凸凹があると思われますが、デッサンの場合はタッチが出しにくく、凸にだけ鉛筆が乗ってしまい、全体的に質感がザラザラしたものになってしまいます。ガラスや金属など、シャープでつるつるしたものを描く場合、表現が一層難しくなります。

硬い鉛筆で凸凹を潰せば、ザラザラとツルツルを描き分けて対比させるなど、意図的に紙質を利用することは出来ますので、描けないわけではありません。ただ、質感の描き分けが出来るから、生かす方法があるということですので、デッサンを始めて間もない人には難しいと思います。質感は、デッサン技術では中レベル以上ですから。

デッサン用紙で一般的なのは、ケント紙です。鉛筆が線的画材だからでしょうか、ツルツルな紙の方が相性がいいようです。練習には、クロッキー帳やコピー紙も平滑な紙ですが、薄い紙ので、消す際に引っ張られて皺が寄りやすいのでご注意を。他にも、様々な画材同士の組み合わせが有ります。木炭デッサン紙は厚手で、木炭が吸着しやすいよう凸凹や横方向の溝があります。キャンバスの布は、油絵具の物質感を生かすために耐圧性と防浸性を持ち、布目の凹凸は絵の具が食いつきが良く、厚塗り薄塗それぞれのレイヤーが明快に表れる特性があります。ほんの一例ですが、描くものと、描かれるものには、それぞれを生かしあう組み合わせがあります。

しかし、ここまでは一般論であって、最終的には個人の感覚で、それぞれが好きな素材を選択するべきだと思っています。作家はそれぞれに個性がありますが、それは個性的な方法、考え方、素材などを選び取っているということでもあります。特に素材感覚に関しては、触覚が重要です。つまり実際触って描いてみる、そうしながら身についていく個人的な感覚です。経験を積めば積むほど、感覚が研ぎ澄まされていくはずです。ですから、手っ取り早く身に付く方法は有りません。自分に合った形は何か、時間が掛かっても探す期間が要るでしょう。