デッサン初心者の方は、画用紙に描く

熱血!デッサン塾での経験です。かなりの頻度で、デッサン初心者の方は画用紙にデッサンを描いてきます。周りに指導者がいないのか、一般的だから適当にしたのか、投稿者それぞれの背景は詳しくはわかりません。デッサンには、画用紙には不向きなのでお勧めできません。

なぜ、画用紙はデッサンに不向きかというと、表面が凸凹しているからです。そのため、描いた線や塗りが凸にだけ引っかかってしまい、全体的に質感がザラザラしたものになってしまうからです。ガラスや金属など、シャープでつるつるしたものを描く場合、表現が一層難しくなります。

硬い鉛筆で凸凹を潰せば、描けないことはありません。対比させて使うなど、意図的に紙質を使いわけることは出来ます。だから、絶対ダメということではありません。ただ、質感覚、素材感覚を身に着けていなければ難しいでしょう。質感は、デッサン技術では中レベル以上なので、デッサン初心者の方は画用紙を使わない方が無難です。

デッサン用紙で一般的なのは、ケント紙です。練習には、クロッキー帳やコピー紙もいけますが、薄い紙ですので、消す際に練り消しに引っ張られて皺が寄りやすいので、ご注意を。鉛筆が、繊細で緻密な表現素材だからでしょうか、ツルツルな紙の方が相性がいいようです。他にも、様々な質や素材があり、それぞれにあった組み合わせが有ります。ちなみに、木炭デッサンの木炭紙は、木炭が吸着しやすいよう横方向に溝が入っています。キャンバスの布は、油絵具の物質に負けない、凹凸に食いつきやすい、厚塗り薄塗それぞれの層が明快に表現できる、という特性があります。描くものと、描かれるものには、相性が確かにあります。

ここまでは、一般論です。質感覚、素材感覚に関しては、触覚から入ってきます。実際触って、描いてみる中でしか身についていかない、個人的なものです (感覚は、何でもそうかもしれないですが。)。経験を積むに随って、描き手ご本人と素材との相性も出てきます。凸凹が良いか、ツルツルが良いか、ご本人が試してみないと分かりません。ツルツルしたものばかり触っていては、分からないのです。