自分の好きな物を作らず、デッサンばかりしている理由はなんでしょうか?受験が、目前に迫っているからでしょうか?それとも、デッサンが上手くならないと、自分の好きな作品が実現出来ないからでしょうか?

受験が目前に迫っていると、好きなことをしてはいけないでしょうか?そんなことはありません。私はしていました。
デッサンが上手くならないと、自分の好きな作品が実現出来ないでしょうか?そんなことはありません。デッサン力が足らなくても、自分が納得するまで直し続ければ、あなたの好きな作品はかなり近いところまで実現するのではないでしょうか。
デッサンが上手くなったとしても、自分の好きな作品がすんなり出来ることはありません。新しいことに、挑戦する場合が多いと思います。そうなると、上手く行かないこと、研究しなければならないことが出てきます。そしてデッサンも、研究しなければならない一部です。

「好きなことを、後に回して」という発想は、本末転倒になることがあります。時間がないなりに、目標が違うなりに、上手いなりに、下手ななりに、好きなことを生かす術はあると思います。好きなことを、デッサンに生かし、デッサンも好きになりましょう。