「画力が足りないと思って、作っていない。」
のなら、行動を起こす前かもしれませんね。そういう場合は、自分の出来る事、出来ない事があいまいで、分析出来ないため、色々と頭を巡らせて悩んでしまうことも有るかと思います。

「作りたい作品を作ってみたのだが、上手く作れなかった。」
のなら、実際に行動を起こし始めたのかも知れませんね。自分の出来る事、出来ない事が明確になってきた故に、課題も見えてきました。自分で作戦を練ることも出来るし、人にアドバイスを求めることもし易いと思います。

「案ずるより産むが易し」という例え通り、まずは行動を起こすことをお勧めします。描いてから考える、描きながら考える、目標に届くとか届かないとかは、先に判断することではなく、結果であり未来です。行動してこそ分かることだと思うのです。

作りたい作品があるなら、画力が足りなくても、近いうちに必ず実現する。絵が好きだから、作りたい作品があるから、デッサンを勉強して、描けることが増えてくるのがうれしい。画力は足りないけれど、時間を掛け、直しまくって、作りたい作品に近付いていきたい。私も、そのように燃え上がって、失敗しまくっていた時代が有ります。行動力がある分、頭をぶつける回数も多かったように思いますね。しかし、頭をぶつけたことも含めて、多くを学べました。

その後、それなりに経験も積ん来ると、色々と頭を巡らせて、頭でなんとかしようとすることも増えてきました。半面、行動するのが億劫になってしまうところも出てきて、結局やらないこともあります。作りたいなら作る、そういう思いが強いうちに行動に起こす、単純ですが、今でもそれがベストアンサーです。