はい、意味があります。絵が上手くなるために必要です。

デジタルでは、真円や正確な四角はいとも簡単に描ける、ですから、わざわざ手描きで、そういうものを描く練習に疑問を持たれるでしょう。デッサン初心者の方が誤解し易いことですが、作業だけを見てしまって、結果を判断してしまうことです。結果はあなたの中にしか生まれないし、誰も外見からは分からないことです。

PCでは演算で一瞬のうちに行われることを、手描きでは苦労して行います。結果は同じように見えても、その過程は全然違う。円の場合は、目測で距離を測って、カーブを何度も整えていかなければ描けません。正方形も、距離を当分に測り、真っ直ぐな線で直角に交差することを意識しなければなりません。ベタ面は、どうしても手描きだと塗りムラが出ますので、出来るだけムラの出ない塗り方と、出来たムラの濃淡を埋める必要が有ります。

もうお分かりだと思いますが、これは感覚を鍛える練習です。目測で距離を測る、カーブや直線をコントロールする、効率のいい作業をする、明暗を見分ける、これらは全てデッサンで必要な判断力です。例えば顔を描く場合は、頭蓋骨の縦横比、目の高さ、鼻の高さ、口の高さ、それぞれの幅、向きや遠近が、どのようになっているかをミリ単位で判断する、高度な作業が必要になります。これに比べたら、真円や正方形、ベタ面の練習は、簡単です。

練習は、ほとんどの場合、簡単な方から始めたほうが良いはずです。確実にステップアップ出来ますから。