はい、上がります。白黒デッサンは、色を使うわけではないけれども、白黒のグラデーションに、色を感じる世界はあります。水墨画に色を感じるのなら、それは確かな感覚であり、白黒でも色彩感覚は、研ぎ澄まされるはずです。

私の経験では、カラーは自由過ぎて、とても難しかった。色の世界は、マニュアルが通用しないセンスの世界です。空は空色、緑は緑色は通用しない、色彩基礎知識があっても、いちいち色見本を見ながら描くことも出来ない。実際に色を試して、塗り直しながら、足掻きました。経験則の中で自分の好きな色を見つけていく、絵描きはそうやって、自分の色を見つけていくのだと思います。

その難しさがあるから、デッサンは白黒のみで行うことが多いのだと推測しています。白黒だけでも、形、光、明暗、立体感や空間、質感など、たくさんのことを勉強をすることになります。色彩を使ったデッサンはありますが、余りにも多くのことを取り入れるのは、合理的学習法とは言えません。ただ、アートの世界としては、まず色彩に触れるところから始まるものがある。デッサンとは別に、色彩と戯れる体験も、同時にしていくべきだと思います。