はい、そうです。

私の経験では、カラーは自由で制約が余りありませんので、とても難しかった。空は空色、緑は緑色は通用しない世界で、色彩基礎知識があっても、いちいち色見本を見ながら描くことも出来ない。実際に色を試して、塗り直しながら、足掻きました。

経験則の中で自分の好きな色を見つけていく、そういったマニュアルが通用しないセンスの世界です。そうやって、絵描きは自分の色を見つけていくのだと思います。その段階は、デッサンというより作品制作そのものです。

もちろん、色彩を使ったデッサンはあります。しかし、一般的にはデッサンでは、白黒のみで行うことが多くなります。白黒だけでも、グラデーションを始めとして、明暗の付け方、立体感や空間の出し方、描いていく手順など、多くの勉強をすることになります。その上カラーを取り入れることは、余りにも多くの勉強を一遍にすることになりますので、お勧めはしません。(ご本人が好きだ!やりたい!という場合は、すればいいと思いますが。)

白黒デッサンで、カラーを描く能力が上がるか?間違いなく上がります。積極的に色を使うわけではないけれども、白黒も色の一部と捉えることは出来ます。水墨画に色を感じるかどうか?という世界もありますので、感覚は白黒でも研ぎ澄まされるはずです。