デッサン初心者の方は、デッサンすれば何とかなると思っている2

過去、愛猫の作品を作りたいという人が、同時に出てきた経験があります。どちらも、猫の毛並みの柔らかさを出したい、ということで毛を描く技術を同じようにアドバイスしました。結果一人の作品は、ふさふさした柔らかい毛のリアルさが出ました。もう一人の作品は、毛自体は描けているのですが、硬い印象を持つものになりました。どこが、分かれ道になったのでしょうか?

上手くいった人は、写真を食い入るようにして見ていました。上手くいかなかった人は、技術ばかり気にしていました。2人の結果を分けたのは、ほんのちょっとした違い、毛がどう始まりどこに流れているかということを「感じ取る」ことが出来たかどうかでした。これは技術と感性がはっきり分かれるようなものではないということでもあるのですが、やはりマニュアルでも技術でもない、感性が結果を分けたというところに力点を置きます。

レオナルド・ダ・ヴィンチにも、「二十匹を超える猫のさまざまなポーズと龍のスケッチ 1513-1515」というデッサンがあります。長いタイトルがそのまま説明にもなってもいるようですが、たくさんの猫たちが画面いっぱいに描かれていて、ワクワクするような楽しいデッサンです。猫たちの早い動きを追っているのですが、ほとんど途中になったものが有りません。脳内保管しながら、動き続ける猫を見事に捉まえ、緻密に描いています。それも片っ端から、面白いと思った順に、縦横無尽に描いているようで、画力の確かさと自由さに圧倒されます。

よく見ると、猫の顔がそれほど可愛くない、ちょっと顔が「ごつい」感じで、見た目が普通の猫ではないのです。それに喧嘩しているポーズも多い。真ん中辺に突然、ドラゴンが登場、しかし下半身は猫を描いていた途中のように?とっさに閃いて、頭だけドラゴンに挿げ替えたのでしょうか?猫スポットへ取材に行った理由は、何でしょうか?

推測ですが、猫はライオンの参考として描いたのではないかと思いました。ドラゴンの登場で、ライオンとドラゴンの対決を絵にするために、スケッチしているのでは?と思ったわけです。根拠は、猫の顔がライオンぽい、猫VSドラゴンは有り得ない、という点です。レオナルド・ダ・ヴィンチの描いたライオンVSドラゴン、想像するだけでカッケ~、心から見てみたいと思います。しかし、全図録にもありませんでした。もしかすると、どこかで発見されるかもしれない、その可能性を想像するだけで楽しいものです。

結論として、彼が行ったのは、自由なイマジネーションで、新しい未知のものを創造するための、スケッチでありデッサンだったのではないか?ということです。しかし彼が描いたその他作品を総合的に鑑みると、「ではないか?」は取ってしまってもいい気がします。全て、見たことの無いものを作るためだった、と。デッサンは画力を上げる勉強・トレーニングですが、それ以上に想像力は創造力であり、ソフト・パワーという原動力を支えるための技術である、この点を抑えることは大切です。