愛猫の作品を作りたいという人が、同時に出てきた経験があります。どちらも、猫の毛並みの柔らかさを出したい、ということで毛を描く技術を同じようにアドバイスしました。結果一人の作品は、ふさふさした柔らかい毛のリアルさが出ました。もう一人の作品は、毛自体は描けているのですが、硬い印象を持つものになりました。どこが、分かれ道になったのでしょうか?

上手くいった人は、写真を食い入るようにして見ていました。上手くいかなかった人は、技術ばかり気にしていました。2人の結果を分けたのは、ほんのちょっとした違い、毛がどう始まりどこに流れているかということを「感じ取る」ことが出来たかどうかでした。やはりマニュアルでも技術でもない、感じ取る力が表現には肝心ということなのでしょう。

レオナルド・ダ・ヴィンチにも、「二十匹を超える猫のさまざまなポーズと龍のスケッチ 1513-1515」というデッサンがあります。長いタイトルがそのまま説明にもなってもいるようですが、たくさんの猫たちが画面いっぱいに描かれていて、ワクワクするような楽しいデッサンです。猫の一瞬を見事に捉えているのですが、不思議なことに途中で終わっているものがなく、全部が緻密に描かれています。彼の脳は、写真のように、図像を保管できるのかも知れません。画力の確かさだけではなく、片っ端から面白いと思ったら描くというような自由さ、縦横無尽さに圧倒されます。

よく見ると、猫の顔がそれほど可愛くない、ちょっと「ごつい」感じのものがあります。それに喧嘩しているポーズも多い。真ん中辺に突然、ドラゴンが登場しています。とっさに閃いて、描き加えたように思えます。猫をスケッチした理由は、何でしょうか?推測ですが、猫はライオンの参考として描いたのではないか?ライオンとドラゴンの対決を描こうとしていた、或いは描きながら閃いたのでは?猫の顔がライオンぽいし、猫とドラゴンは対決はしない。レオナルド・ダ・ヴィンチの描いたライオンVSドラゴンの絵画、心から見てみたいと思いますが、全図録にもありません。もしかすると、どこかで発見されるかもしれない、その可能性を想像するだけで楽しいものです。

猫の素描をしながら、ライオン、そしてドラゴンとの対決へ。自由に想像し創造する、描きながら盛り上がる、リアルに描くだけではなくイメージを形にする、そのようなデッサンの好例だと思います。デッサンは画力を上げるトレーニングですが、自分の見たいものを作る=ソフトを支えています。アイデアとデッサン、ソフトとハードは、どちらも大切で補完しあっている、そのことが明瞭に分かるデッサンです。