デッサンは、作品になっていく

デッサンは、作品の骨格となるものです。下描きという言葉を使えば、大した事が無いような感じがしますが、大変重要な過程です。頭の中にしかない想像図を、現実の物にしていく作業でもあります。作品の完成を、設計すると言っても良いでしょう。

このような作品を作りたいと思い、描き始めました。いざ描いてみるとどうも違う、と感じるのは、自然な事です。技量が追いついていないのか?もっといい線があるのでは?もっといい形が、いい組み合わせが無いだろうか?と思うのです。一通り描いて終わりという訳には参りません、そこからブラッシュ・アップが始まります。

このような試行錯誤の過程を、デッサンそのものと言ってもいいと思います。その目的は、よりよいイメージの獲得を目指して、比較し検討し追及することです。イメージの狩人?と言えば、格好良すぎるでしょうか?伝統技法では、そのまま色がつき、作品完成へと向かいます。その実例はあまた有るでしょうが、ここは私自身が啓蒙する作家、レオナルド・ダ・ヴィンチを例にさせて頂きます。

レオナルド・ダ・ヴィンチの全絵画、素描集を求めたのが10年前になりますが、その文献を頼りに記述します。まずは、彼のした仕事についてです。彼のデッサンは、女性、乳児、衣服、群像、馬、その他動物、植物、風景のスケッチ、嵐や崩壊、醜悪な人間像、怪物、寓意画など自由なイメージスケッチ、建築、土木、武器の設計図、人体プロポーション、人体解剖図、地図、光学などの製図と多岐に渡ります。特異性として、まず仕事の多彩さ、何人もの人間を合わせたようなヒューマン・スケールの大きさです。いわゆる人間像をはるかに凌駕しています。次に行動力、彼の描く絵画は緻密で多くのものが登場するのですが、写真などありませんから、当然その場に出向き、自分の目で見、手で描くことになります。取材で、どれだけの時間とエネルギーが費やされたのでしょうか。また習作の多さ、人物の表情、服、馬などは、相当数推敲を重ねています。想像力の豊かさは、ヘリコプターの原型図なども有名です、言うに及ばないでしょう。特筆するべきは、リアリズムの追求です。驚くべきは人体解剖図、この時代人間を切り刻むなどは、厳格なキリスト教社会からは異端視され、今での「炎上必死」、とてもリスキーな行為です。それをものともしない徹底したリアリズムは、何でしょうか?本当に人間なのかと思うほどです。導入が少々長くなりましたが、この天才を掻い摘んで語るのは逆に難しいと思われます。ただ、科学的見地とも言えるような冷徹なリアリズムが、彼の想像力を裏打ちしていることは確かです。

次に、どのように絵が完成して行ったかに迫ります。幸いにして、この天才は多くの絵画を途中止めで放り出していますので(なぜかは窺い知れませんが)、途中経過がよく分かります。マギの礼拝(1481,82年)は初期作品ながら、特徴が分かりやすいと思い、例に取ります。線画以前に遡ることは省略させて頂きます。その理由は、全体のイメージがどのようにして完成したのかは、推測が難しい点です。女性のポーズなど部分から構想していったものか?大画面を目の前にして閃いたのか?その両方なのか? ここは作家の頭の中ですので。

まず地透層(アンダーグレージング)があり、次に筆の線で、人物や馬、建築、樹木などを描き起こします。その後、刷毛で陰影を全体的に施します。更に、更に暗い絵の具を周辺に配し、明るい絵の具を中央の人物に重ねるなど明暗を強調し、全体の構成をダイナミックに盛り上げているようです。このように色彩を押さえた土系顔料によって、絵画の下地を作っていくのが伝統技法となります。
(推測であり、当たらずとも遠からずだと思いますが、正確さは欠きますのでご容赦下さい。地透層-イエローオーカーとテールベルト、筆の線-ローアンバー、刷毛の陰影-ローアンバー、全体の構成-イエローオーカーとバントアンバーとボーンブラック)

これ以降の描き進め方を推測します。明るい部分のホワイト・モデリングを行います。マリア様の顔は、一番明るい明度になります。青系の透層(グレージング)を行い、空、空気などの空間を演出します。緑系の透層(グレージング)で、樹木や更に深い服を描きます。その後、それぞれの固有色、鮮やかな赤、ウルトラマリンなどが配されるはずです。これ以降は、それぞれを一つずつ仕上げていくので、全体的な変化はそれほど目立ったものは無いでしょう。

このように伝統技法では、絵画が仕上がっていきます。どこまでがデッサンで、どこからが絵なのか判別が難しいのですが、狭くは線描きまで、広くはホワイト・モデリングまでをデッサンと考える事も出来るでしょうか。今の技法だと、キャンバスに鉛筆で下描き、定着し、絵の具を載せていくでしょう。しかし薄塗りで幾らでもデッサンできますので、何時までデッサンするかは作者の裁量に任せられるということです。総じて、どこまでがデッサンか?を素材で決定してしまうことは、それほど意味のある事ではないと私は思います。職人技による、試行錯誤しながらも、きっちりと完成まで繋がるプロセス、これら全てにデッサン力が生きていることがご了解いただければ幸いです。