そういう人はいます。苦労してデッサンを勉強したのに、思わず天を恨んでしまうような人が。

私がそう思った人は、南方熊楠と宮本武蔵です(他にもいると思いますが)。南方熊楠が、素晴らしく緻密なきのこや粘菌のデッサンを残していますし、宮本武蔵は簡潔でこれも素晴らしく筆勢の有る水墨画を残しています。彼らは絵描きではありません。研究者であり武人です。だからデッサンは、経験していないでしょう。どちらも天才と言って良いような人たちです。しかし、単に才能の差と言ってしまったのではくやしいので、もう少し掘り下げます。

研究者は、研究対象を見続け、ちょっとした違いをも見逃さない日常を続けています。武人は、命のやり取りをします。相手の一挙手一投足が、自分自身の生死を分けるわけですから、相手の動作を見ることはそれこそ命懸けです。そこから鍛えられた観察力は、いかほどのものでしょうか?彼らの眼力を持って、描くことが可能になるのは、不思議ではないと思います。

やはり見ることが先になる、見る力が描く力になるという例として、良い示唆になるのではないでしょうか。描き方を知りたい人はとても多いのですが、描くことが目を鍛えることになると思っている人は少ないようです。