自立自走型人材を求める傾向が、強くなってきました。難関校では、受験生の独自性を審査するようになってきました。自立自走、これは自主性と同じ意味だと思います。
それは、自分で考え、自分で行動し、自分で答えを探していくということだと思います。そのためには、失敗を受け入れ、自分が汗をかくことにもなります。

例えば、このように描きなさい、と言われた人は、言われた通りの描き方しかしないと思います。
空は空色、緑は緑色、最初はそのような教え方も必要かも知れません。しかし、その先はどうでしょうか?その人独自の、空色、緑色が、求められるのでは無いでしょうか?でも、どうやって独自の、空色、緑色を探していくのか、分からるでしょうか?最初から、自分の空色はなんだろう?自分の緑色はなんだろう?と考えられることの方が、大切だと思うのですが、、、。

自主性を高めるためには、習い始めが肝心だと思っています。マニュアル主義、受け身の姿勢を転換していくことは、その姿勢を続けた期間が長いほど、難しくなると思っています。
切り替えるのなら、早い方が良いです。特に若い方は、柔軟に新しいものを取り入れることが出来ますので、高い目標に向かって邁進するためにも、自主性を大切にしていただけることを強くお勧めします。

自主性を高めるためには、描き方=技術だけではなく、クリエイティビティ=考え方を求めていくことだと思います。大学受験だけではなく、アートに触れることが好きな皆さんも、アートの考え方に興味を持つことをお勧めします。アートには、色々な考え方があります。色々な考え方に触れることが、自分の色を考えることになり、自主性を高めることにも繋がるかも知れません。