写真や絵は2Dで、立体モチーフは3D、つまり対象の捉え方が違うからです。模写は、2D→2Dを忠実に写し取る手法を使います。立体を描く場合は、「裏側まで想像しながら」と良く言われることがありますが、「立体視」を常に行っています。脳内に立体イメージを持つ、これを「立体視」と言います。

立体を繰り返し描くなどの訓練をして、そのような捉え方が出来るようになります。もちろん、2Dを描くより3Dを描く方が難易度は上がります。が、漫画などでリアルな立体表現を目指す場合は、3Dを練習することを強くお勧めします。