マンガやイラストを描く人が、上手く描けない原因として、形を立体的に捉えていないことが挙げられます。もともとマンガは、平面的にデフォルメされた絵の描き方をしますが、実は省略されているだけで、的確に立体的表現が行なわれています。つまり立体的に捉えたものを、それを平面的表現に置き換えているのです。これを「立体視」と言います。

そのような捉え方をするには、立体を見て描くことがとても有効です。この石膏像は、そのような練習をするために開発したものです。安価(だとは思っているのですが)で、卓上モチーフとして場所をとらない大きさで、光が見やすい石膏で、というコンセプトがあります。

初級中級上級それぞれに、石膏像を描く課題が盛り込まれています。グラデーションの課題、顔の練習、人体の練習、と難易度が上がっていきます。石膏像はもとより簡単なモチーフではありませんが、「立体視」を目指して奮ってチャレンジしていただければ、頑張って作った甲斐があります。

※石膏像の課題を選択する場合は、石膏像を購入していただくことになります。