当方のデッサンの勉強方法としては、紙と鉛筆を用いたアナログのものとなります。

デジタル機器は、私自身良く使っていますので、否定するものではありません。でも、それを使いこなすのは人の感覚ですので、皆様の感覚を引き出し鍛えるのは、身近な安価な道具で、精度も高い、アナログの方法が適していると考えています。

もう一つの理由としては、コピーやトレースが簡単にできるため、感覚を引き出し鍛えることを妨げるケースがありました。便利さは、苦労して感覚を身に付けることと、反対方向に人を動かします。円や正方形を正確に描く練習は、目測を鍛えるためであっても、デジタル機器においては、当たり前に描けるものであり、その目的を異にするものです。受講する方が感覚を身に付けられないことに関して、我々に責任はありませんが、カリキュラムに混乱が生じることは、歓迎出来ない事態です。

また、デッサンには、鉛筆を使い、素晴らしいアート作品を作り出してきた伝統があります。AIという言葉も頻繁に聞くようになった近年ですが、伝統に則り、AIに代替出来ない人の感覚を鍛え育てていく方法として、我々はアナログに拘って行きたいと考えています。