はい、とても重要です。

デジタルで絵を描くことは、部分的に取り入れる人も含めて、現在とても一般的になってきています。デジタルは、複製、修正、転用や出力も含め、とても便利な道具です。現代において、絵を描く上で、デジタルを否定する事は出来ません。この質問は、そんなに便利なデジタル描画があるにもかかわらず、アナログで運筆練習をする必要が見出せない、と言い換えてもいいと思います。

アナログもデジタルも使って絵を描いた経験からお答えすると、アナログだろうが、デジタルだろうが、「絵を描く」ことは共通することがあります。手で、鉛筆やペンや筆を使いこなし、線や塗りで、自分のイメージを表現することです。それが出来れば、逆に、アナログだろうが、デジタルだろうが構わないとさえ思います。

鉛筆やペンや筆をコントロールし、自分の思い通りの線や塗りを行う、これは直ぐに出来る事ではありません。最初は、運筆練習で手の動きをコントロールしていくことが、描くのに慣れるにはとても効果的です。タブレットで運筆練習も出来ます。ただ、手の動きをコントロールするだけでも大変なのに、タブレットで描くことに慣れる必要が有ります。タブレットも進化したとはいえ、直接紙に描く精度は格段に高い、ですから鉛筆で紙に運筆練習する意味はかなり有ります。