よく引き合いに出されるのが、1万時間の法則です。これはアメリカの研究者が、その道のプロ達がそれまでに掛けた練習時間を聞き、統計を取ったものです。1万時間、最初にこれを聞いたら、ひるみますね。思わず無理!と言ってしまいそうになります。
20時間の法則というのも有ります。これはビギナーが、砂に水が吸い込まれるように習ったことを吸収し、20時間までは進歩が早いという統計です。
100時間の法則というのも有ります。これは、人が客観的に見て、まずまず上手いレベルになるまでにかかる時間の統計です。(切り番ばかりなので、大まかな統計でしょう。)

この統計は、説得力はあります。統計とは、平均してそうだったということですから。しかし、1万時間掛けてもプロになれるとは限りませんし、個人差もあるでしょう。時間の量か?質か?という議論も有ります。この切り口だと厳密には、人それぞれ違うので、掛かる時間は分かりません、となります。

切り口を変え、プロがどこにこだわるかを考える時、かかった時間より、質であることは断言できます。質を上げる努力をしない人は、プロには成れないでしょう。質を上げ、それを続けることに集中することをお勧めします。これからどれ位の時間が掛かるか?というのは、結果であり未来のことです。これは「取らぬ狸の皮算用」です。「これだけの時間が掛かった。」と、プロになった後で述懐することは出来ますが。