差異は、もともとのもの。差別は、それに(一方的に)優劣を付けるもの。
エロスは、もともとのもの。性差別は、それに(一方的に)貴賎を付けるもの。
大きくは、そのように解釈していた。

今回、個展でトルソを作って展示した。
自分のイメージを基に、理想的プロポーションを追及した。過去、神像や仏像が、人間を基に超越的な姿を抽出したように、現実を超えた姿を顕そうと3年掛けた。また、トルソには、エロスも感じながらその姿を追求した。
これらのことは、私の中では何も矛盾しない。

具象彫刻で一般的なものと言えば、駅周辺にあるブロンズ像だが、人々の耳目を集めることは無くなった。
具象彫刻には、平和や友愛など象徴的なテーマを込めて、理想像を追及することが多いのだが、今は一般的な賛同を得られなくなっている。理想像を追及するという行為が衰退することは、神仏という象徴が衰退することとと重なっている気がする。

エロスを感じる理想像というテーマは、現代、問題提起となる。
女性の男性目線に対する反感は、コンプレックスや性差別に対する嫌悪も含んでいて、逆差別を伴う根深さを生んでいる。差別の原因をはっきりさせることに異論はないが、差別⇔逆差別という非難の応酬に、何も未来は感じない。制作途中、色々な意見が有ったことを聞き知ったが、真意を聞くために私に問うてくる人は、ただの一人もいなかった。本人そっちのけという、珍妙な世相だ。

しかし、差別の根拠となる男女の違いは、果たして明瞭なものだろうか?
「男と女の間には、暗くて深い河がある。」という古歌があるように、男女の違いは深遠だ。分かっているか?分かり合えるか?と問われれば、わかっていると言い切るのは傲慢に思えるし、わからないというのも突き放したようで冷たく思える。取るべき姿勢は、わかっていないことを正直にわからないと認識し、耳を傾けることではないか?

LGBTQでは、どうだろうか?
男女の違い以上に、それぞれに差異があり、それだけ複雑であるという事実が示されたことになる。差別を否定する潮流が大きくなっているのは、正しい方向に思われるが、それぞれにどのような差異があるかは、抽象的にしかわからない。「差異と反復」によれば、差異が生まれ、やがて平均化し、差異が無くなると、また新しい差異が意識されていくらしい。
LGBTQに対する抽象的な差異が、個々の性格や考え方の違いを尊重する方向に向かうだろうか?それが出来て初めて、彼らは生きやすくなるのではないかと思えるし、それは個と個の付き合いを通してしか生まれないのではないかとも思える。

個の差異に付いては、どうだろうか?
人の心がわかるか?と問われれば、自信が無いがわかり合っていきたいとは思う、と真摯ぶる以外ないかも知れない。
その前提になる、自分自身のことは、わかるか?と問われれば、正直、わかるようでわからない。社会的規定、名前、職業など、他から規定された自分の姿は、自我の檻というべき外殻だ。その内側には、自我という深淵が広がっている。深淵の中に、どうしようもないエロスや、デモーニッシュなものが潜み、全てを見渡すことは出来ない。

自分の持つ深淵をわかったつもりになって、放置することは多い。
深淵は、欲求や感情などの多くの反応を飲み込んでいくが、溜まったものを不意に外面に噴き出させる。フロイトまでは、その反応はコントロール出来ないもの、オカルティックなものと思われてきた。当に「Ghost in the shell」、その反応は理性的なものではなく、浮かばれない生霊の叫びのようだ。匿名の誹謗中傷もその一反応かも知れない、心理的傾向、精神疾患、精神の世界は複雑でわかり難い。

こうしてみると、わかったつもりでも、実にわからないということが多い。
わかったなら、良い悪いを言うことが出来る。
わからないのなら、良いも悪いも言いようが無い。
わかったつもりというのは、案外、性質が悪い。
わかったつもりというのは、軽くそう思っただけで、深くは考えなかったということも多いかもしれない。それでも、多くの人が同意することで社会的に力を持ち、慣例とされて引き継がれていくこともある。良い慣例もあるだろうし、流行のようなものもある。しかし見た目、肌の色などの「わかったつもり」が、引き継がれていくとしたら、、、。差別は、安易な認識の中にも潜んでいる。

安易な認識は、そこからこぼれるものがたくさんある。
安易な認識を前提として疑わないことは、浅薄で表層的な世界を作り出す危険性があることを指摘したい。
危険性とはいったが、ツイッターが市場を乱高下させ、次期大統領候補が罵り合い、車を運転しても表層から目が離せないのは、その世界が既に実現してしまっている証かも知れない。その世界とは、人の価値を秤に掛け合って、お互いの人間性を削り合う、心を置き去りにした世界である。
能力、効率、人種、男女、出生率、様々なカテゴライズがあるだろうが、それは人間の管理、整理だ。そこには、心、個々の差異、感性や感動などの個人的体験などは、含まれない。差別が至る所で生まれる、浅薄で表層的な世界は、どうにも生き辛い世界に思える。

私は、自分の中に広がる深淵に興味があり、創作の意義も感じる。
自分の思いや、行動を、注意深く観察すれば、少しは自分の片鱗が垣間見えるかも知れない。そうすることで、「Ghost」に手綱を付けることも出来るかも知れない。
榎倉康二氏は、作品におけるエロスを大切にしていた。簡潔な白と黒の作品におけるエロスは、もちろん即物的なものでも説明的なものではなく、皮膚及び皮膚感覚にまつわるものだ。私は、それについて道半ばなので、多くを語ることは出来ない。ただ、人間にとってエロスは必要なものであり、未来永劫付いて回るもの、もちろん作品に付いても必要なものだと言うことは出来る。
エロスと差別との関係は、複雑かも知れない。しかしエロスは、肉体、個というものを起点にする。だから、肉体、個というものをそっちのけで、議論することも理解することも不自然に思われる。

わからないということは前提にするならば、それは良いも悪いを先にすることでは無く、探り、耳を傾けることになる。わかりたいと思うようになることは、興味であり好意に繋がっていく。ここには、柔らかくデリケートな関係が生まれていくだろう。
ただ、応えてくれるかどうかは相手次第であり、理解につながるまでは、予想外に時間が掛かることかも知れない。だから、相手に沿うということは、ある意味自分との闘いでもある。