あいちトリエンナーレの「表現の不自由」展が、無事にというわけでは決してありませんが、盛況の下に終了したようです。この展覧会は物議をかもしたわけですが、人々の心に深く爪痕を残しました。表現の自由とは何か?という大切なテーマに対して、とても貴重な機会を提供してくれたと言うことができます。展覧会終了を待って、アートにおける表現の自由について考えてみたいと思います。

アートについて、領域というカテゴリーから整理していきます。
アートは、政治とは違う領域である。アートは、道徳とは違う領域である。アートは、ジャーナリズムとは違う領域である。そして、過去宗教的モチーフはアートの中心的領域でしたが、現代はそこから切り離してアートは考えた方がよろしいかと思います。
このように、違いを理解するということは、それぞれの持ち分と責任、領域内での公平性をはっきりさせることになります。

表現についてですが、自分が思ったり考えたりしたことを、人に伝えることです。
言葉、音楽、美術、手段はたくさんありますが、どう思いどう考えるか?だけではなく、どう伝わるか?というコミュニケーションも含まれています。普段の、日常会話など軽いものから、作品で多くの人に伝える重いものまであります。ものつくりを経験した人はどなたもご存じでしょうが、作品を作るのは大変です。その大変さを凌ぐ、伝えたい思いというものが、作者にはあるということになります。

自由についてですが、我々は自由だと思って日々を暮らしていますが、法律によってがんじがらめに制約されていることを意識することは余りありません。私は自由だ!と人々が欲望のままに行動したら、社会はあっという間に崩壊してしまうはずです。そういう理由で、自由と不自由は常に同一梱包されているようです。

どこまでが自由で、どのようにコミュニケーションを成立させるか、皆さんの裁量に任されたデリケートな問題であることは間違いありません。しかし、逆にこれはダメ!あれは金を出せないと制約をすると、人々は自分の意思を後回しにして、自己制約をしたり、思考を放棄したりするようになります。
これは、子供がのびのびと好きな絵を描いているのに、絵はこのように描かなきゃダメ!というようなものです。子供の表情は、たちどころに曇るでしょう。このようにして、社会は窮屈でとげとげしい雰囲気になっていくと思われます。
個人の意思を表現する自由、これは憲法で保障されている以前に、人同士がどのようにしていけばお互いに幸せに生きていけるか?という歴史に裏付けられているように思います。

また、アートを含めた文化以外の領域は、社会的位置付けがはっきりし、ブロックのように構築されています。それに対して、アートを含めた文化は、比較的自由が認められている領域でもあります。
過去、王様が吟遊詩人を大切にしたように、大英帝国でシェークスピアが批評精神をはっきしたように、社会は彼ら文化人に自由な発言を保証する代わりに、客観的な視点で社会全体を「Watch」してもらう役割を持たせていたように感じます。
例えば、「それで良いの?本当に?」という問いかけです。それに対して、一笑に付すことが出来る人は多くはいないでしょう。大概、これまでしてきたことを振り返るはずです。

このような役割の代表格として、市民オンブズマンがあります。
議員さんには蛇蝎のように嫌われるかもしれませんが、「それで良いの?」と問う役割がなければ、議員さんたちは羽を伸ばして適当なことをしてしまうかもしれない。人には良いところがあれば悪いところもあるのが当然のように、社会にも必ず「不都合な真実」があるわけです。いかんせん人間というものは、欲望のままに生きるしかないのに、欲望のままに生きると破滅してしまう、矛盾した不自由な存在であります。
「Watch」機能を持たない社会は、ブレーキの無い自動車と同じ、危ない状態だと言えるでしょう。アートが自由であるべき理由は、時として「不都合な真実」を突き付けることの出来る、社会的役割でもあるからと思われるのです。

もちろん色々な視点から、色々な表現がされるのですから、好き嫌いや意見の相違は出てきますし、それぞれが喧々諤々遣り合うことも当然出てきます。「不都合な真実」は、楽しくありません。事なかれで済ませてきた場合は、特に刺さります。
そこでどうするか?が問題です。感情的に退けるか?上から蓋をするか?暴力に訴えるか?このような行為は、歴史的には人間の負の側面と決定してもいいかもしれませんが、今でも繰り返されている「不都合な真実」かも知れません。

「表現の不自由」展は展覧会ですから、コミュニケーションが土台になっている、本来それに対するリアクションは議論です。一部の人々だと思いますが、中止を求める苦情が殺到し、はては恐喝なども起こった事実は、社会のヒステリックな一面をまざまざと見せつけることになりました。しかし結果的に、それが話題になり観客が殺到し、議論も活発に行われたことは、この社会がまだ健全に機能しているという一面をも見せてくれました。これを「炎上商法」をいう人もいます。繰り返しになりますが、本来は「白熱教室」であるべきなのです。

表現の自由は、当然認められなければならない。しかし、表現の自由を成立させるには、表現したものを「問答無用!シャットアウト!」ではなく、受け止め議論するキャパシティーが必要です。