メイキングオブ石膏像

実は、かなり苦労して出来ています。

漫画アニメに出てくるプロポーションと、実際の人体とはかなりの違いがあります。
漫画アニメのプロポーションをそのまま取り入れるとフィギュアのようになり、リアルな人体らしさは感じられなくなります。
どこまで漫画アニメのプロポーションを取り入れるか?部分的に比率を変えることを考えました。

また石膏像というものは、大体においてデカい。
卓上に置いて、気軽に描ける大きさというものが良いだろうという結論に達しました。
しかしその分細かいところが多くなりますので、難しくなります。
特に、二重瞼とか耳とか。ルーペとスプレーは、精度を高めるための必需品でした。

胴体については、どう動きを出すかが問題でした。
ひねったり動きを出すと、左右対称が崩れたポーズになりがちです。
それだと描くのが大変だし、練習に適した一般的ポーズから離れてしまう。
左右対称ポーズということになりましたが、ただ立っているだけでは退屈です。
だから前後の動き、胸を張って、お尻を突き出しすポーズを採用しました。
一生懸命に「気を付け!」という雰囲気です。

一応筋肉の付き方も、ヌード写真や解剖図を参考にして、肉付けを行いました。
基本的に脂肪の少ない箇所は、リアルな凹凸を取り入れることになりました。
しかし筋肉の付き方を忠実に再現すると、女体としては余り美しくないんですね。
(そういうのが良いという人もいると思いますので、あくまで私の好みです。)
ですからある程度表面積を減らし、腰から足というように繋がりを追っていくことに専念しました。

実は、下地が出る、塗り重ね失敗、融着、傷補修、途中途中で原形が破損する事故も多々ありました。
その度に塗って磨くということを、10数回繰り返しました。
だから指先が、そのカーブを覚えてしまいました。
目ではなく、指がこの形を決めたようです。
幸いにして、若さの程よく脂肪が乗った感じ、重力に逆らったツンと張った感じが出ました。

次にシリコン型も、相当手間がかかりました。
原形もデリケートなのに加えて、このシリコン素材がまたデリケート。
型の設計方針は石膏の打ち方に従って、直立→斜め置き→横置き蓋付きと変わっていきました。
また原形を直せば当然、型も直すことになります。
切ったり、貼ったり、埋めたり、取り直ししたり、
最初は型が一体化するという初歩的なミスから始まって、精度が上がらず取り直しに終わるまで、
直し、直し、直し!詳細は、うんざりするので省きます。

最大の難関は石膏、早く固まる性質で当初は苦労しましたが、最後まで苦しんだのは水と空気でした。
この石膏像の場合小さいので回し掛けが難しい、鋳込みという方法になります。
石膏というものは、粉から始まるので必ず空気を含み、鋳込みの場合上面には気泡が溜まってしまうのです。

どうしたらその気泡を抜くことが出来るのか?でも最終的に抜くことは出来ませんでした。
どこもが下の面になる?それは回転させることだという発想の転換がなければ、これは成功しませんでした。
完全に工学でした。技術の世界ではまったく初歩的なことなのでしょうが、分野違いの知識不足で苦しんだとも言えます。
真空圧力鋳込みなんていう、工業力と資本力はありませんしね。

美術を行ってきて30年余りの、新たな試み、プロダクトでした。
自分の視点から表現する作品ではなく、お客様がこういうものがあったらいいなという視点を想像して作る製品、自分としては大きな違いですが、世の中そういうもので溢れている、皆さん苦労して「ものつくり」に汗水垂らしているのだなと思いました。
当時「陸王」というドラマが流行っていたのですが、大分勇気づけられたと思います。
石膏失敗ピースは、32までカウントしました。今でも、一点一点手作りしています。