はじめまして「デッサンオンデマンド」です

本格的に絵を学び始めてから、数えると30年を超えていました。
その間、2浪したり、東京芸術大学で榎倉康二といういい先生に出会って博士課程修了まで行ったり、画塾の講師になったり、教職免許(美術)を取得したり、専門学校で講師をしたり、私塾を開いたり、都市で暮らしたり地方で暮らしたり、上がったり下がったりの美術人生です。

新たな試みとして、「熱血!デッサン塾」というサイトを立ち上げて、丸3年立ちました。サイトを立ち上げた切っ掛けとしては、デッサンというもの、美術というものの理解が一般に進んでいない、ネット上では現場からの声はそれほど届いていないという印象が、私には有ったからです。簡単に直ぐ確実に上手くなる!そんなキャッチばかり。現場は、決してそんなことはありませんから。

「熱血!デッサン塾」というサイトでは、無料でデッサン添削を行っているのですが、投稿する方の背景は、実に様々です。諸事情で画塾や美大に通えない環境にある方も、たくさんいらっしゃる。また漫画イラスト指向の人も、たくさんいらっしゃる。もう完全に、脱アカデミズム環境です。しかし、現場の声をストレートに言うのは、緊張感が有りますね。どのように伝わってるか、リアルにわからないですから。

まず、絵が上手くなるためには、人それぞれの得手不得手や目的に合わせなければならない、密にコミュニケーションしなければならない。これは間違いない。現場では、出来ることです。一方、通信制はシステム重視、時間的制約や地域差を超えて、絵を習う機会が生まれますが、画一的なカリキュラムと教材、添削なども数回。現場で密にコミュニケーションすることとは、大きなギャップがあります。これでは上手くならない、、、。痛し痒し。

ところが、最近はインターネットを介して、気軽に画像や映像の多くを鑑賞したり投稿したり出来るようにもなってきましたので、今のネット技術を利用すれば、密なコミュニケーションを提供出来る可能性も出てきました。それがネットでの通信講座「デッサンオンデマンド」のきっかけでした。

しかし、悩みはどんどん出てきます。
そもそも文化芸術がシステムに合うのか?それで上手くなるのか?いや、良い絵が描けるのか?システムと密なコミュニケーションは両立するものなのか?コミュニケーションは信頼、ネットで信頼を結ぶのは上手くいくのか?とんでもないことをしようとしているのではないだろうか?

絵画教室に通うのと同じような、ネット通信講座、可能でしょうか?でもシンプルに考えようと思います。結局、文化芸術は人から人へ手渡しするようなものじゃないか、と思うからです。 近日公開です。

代表: 歳森勲 (美術家)